陽のエネルギーも大切

楽しいことを心に描いて

東北関東大震災では、多くの命が奪われてしまい、ご冥福をお祈りするばかりです。

大勢の方がお亡くなりになり、また行方不明の方もまだまだいらっしゃり、ご家族の悲しみはどんなでしょう。

こんなに多くの方が悲しみを感じていらっしゃると、
災害に合わなかった日本全国の人にも、大きな悲しみの波が押し寄せてきます。
よく波動と言う言葉を耳にしますが、正に悲しみ辛さの波動が充満しているのを感じます。

このような状況下では、皆の悲しみがまとまって、きっと陰のエネルギーがとても強くなっているのでしょう。

ですから、被災者の方とともに悲しみ、さらに陰のエネルギーを増やすより、喜びの陽のエネルギーを送りこむことが、とても大切なのではと感じています。

これは単にジョークを飛ばすと言う意味ではなく、ワクワクすることを
被災していない私たちが一日一回でもいいから、心に描く、
そうすることによって、日本の落ち込んだエネルギー全体が整ってくるのではと私は思っています。

これは病人を抱える家族にも共通しているかもしれません。

例えば、重い病気の人が家族に居るからと言って、
家族の皆が暗い顔をしていることは、何の助けにもなりません。
その人を支えながらも自分の人生も謳歌して、初めて病人にも力を送ることができます。

相手に寄り添い思いやりながらも、決して一緒に落ち込まない。

図々しいぐらい、明るくしている。そんな姿から希望や生命力を受け取ることができます。

これは私が病気をして、良くわかったことです。

ですから、私は今の私に感謝して、人生を大いに楽しみながら、
私なりにできることを、していこうと思っています。

2011年4月2日 12:10