木星と土星が180゜に

20年に一度のアスペクト

8/17日05:48分、牡羊座に居る木星と天秤座に居る土星がオポジションを形成します。

5/23日にも同じ位置関係に来ましたが、その時は魚座と乙女座で起こりました。

20年前に起きた時を検証すると、このアスペクトの意味も理解できると思います。

1989年9/11日、11/14日、1990年7/13日、1991年3/16日、5/17日に

このアスペクトが形成されました。日にちは正確に180゜になった日です。

20年に一度のようなアスペクトは、通常+−10゜ぐらいの誤差を考慮します。

考慮するというのは、その範囲は影響があると考えます。

ですから、今年もかなり長期間この影響があるわけです。

さて、20年前に話を戻しますが、この期間にはこんなことがありました。

◆1989年06/03日 天安門事件

◆1989年11/09日  ベルリンの壁崩壊

◆1990年10/03日 東西ドイツ統一

今年は一体何が起こるのでしょう。すでに色々と起こっていると思いますが。

どちらにしろ、天体パワーから目が離せない今日この頃です。

2010年8月14日 12:10