人間の成長の過程

惑星の役割

たとえば月が母親を象徴するように、
惑星の力は何かのシンボルとしても表されます。

子供が誕生して、成人するまでには、
月〜土星の力が、バランス良く携わる必要があります。

まず情緒的な安定や成長、自己承認には、
月が象徴する母親の力が大切です。
母親が子供を認め、その子の月星座にあった愛情を注げるかがポイントです。

水星が象徴する兄弟との関係や友達作りも重要な要素です。
家族以外の価値観を知ったり、周囲の人にどのようにふるまっていけば
いいのかも学ぶことができます。

そして誰かを本気で愛する気持ちも欠かせません。
これには、愛情(恋人)を象徴する金星の力が必要です。

目標を掲げ、そのためにエネルギーを燃やして頑張ったり、
ライバルに打ち勝とうと努力したりすることも、大切な要素です。
これにはライバルを象徴する火星の力が必要です。

学問や知識の重要さを学び、尊敬できる師に出会うことも
人間性を深めてくれるでしょう。これには師を象徴する木星の力が関係してきます。

また人生の経験からのアドバイスや苦言により、
道徳を学び、自分がどのように進むべきかの指示を与えてもらうことも大切でしょう。
これには、土星が象徴する父親や祖父母、年長者の力が必要です。
自分の経験を伝え、その子の間違いを正し、リスクを回避させる必要があるからです。

太陽を自分だとすると、太陽を成長させるには、
月、水星、金星、火星、木星、土星の力をバランスよく受け取ることによって、
成熟した人間の土台が出来上がるのではないでしょうか。

子育て中の皆さんは、
何が今自分の子供に必要なのかを見極めるためにも、
惑星を使って考えると、いいかもしれません。

現在は核家族、シングルマザー、ファーザーなど
一人何役もなさらなければならないご家庭も多いかもしれません。

そんなときも客観的にご自分を分析なさるのに、
役立つことでしょう。

2009年11月27日 12:10