初めて見た光景

野比海岸を散歩していた時のこと。

ふと見ると、波打ち際に一匹の魚が打ち上げられていました。
10?ぐらいの大きさで、小さな鯛のように見えます。
かなり弱っているようで、ピクピク動くのですが、
海には戻れない様子。

ちょうど小さな透明のビニール袋を持っていたので、
あわててその中に海水を入れてその魚を入れました。

ある程度元気になったら、
海に入って戻してやろうと思って見つめていたそのとき !
なんとお腹から1cmぐらいの稚魚が、顔を出しているのです。

えっお産中なの? 魚は卵で生まれてくるものとばかり
思っていた無知な私は、ただただびっくり !!

こんな劇的な場面に出くわすなんて、どのくらいの確立なのでしょう。
なんだか大きなツキが回ってきた感じ

あれよあれよと言う間に、すでに袋の中には5匹の稚魚が誕生。
そして、お腹からは次の稚魚が尻尾を出しているではありませんか。

慌てて甥っ子たちを集合させ、歓喜している3人を引き連れ
セレモニーよろしく
「いってらっしゃい♪でも辛かったらまだここにいるから戻ってもいいよ♪」と
大合唱しながら、海に放ちました。

何とも劇的な世にも不思議な出来事でした。

今頃元気で泳いでいますように

2009年5月14日 12:10