無愛想な人

イライラする前に

接客業でよく目にする「無愛想」な人。

例えば飲食業なら、
この手の人はオーダーを取るときには、
微笑んでさえくれません。

単に機械のように業務を遂行している感じなのです。

皆さんもこんな人に遭遇したことありますよね。

こんなとき、
もしもあなたに星の知識がないなら、
「感じ悪ーい。何、あの態度」と苛立つことでしょう。

でももしあなたに星の知識があるなら、
「あの人のアセンダント(人の第1印象を決める)はなんだろう。
きっと重いものなんだろうなぁ」と考えるはずです。

アセンダントに、
山羊座、牡牛座、獅子座、蠍 座、水瓶座を持つ人は、
人と親しくなるのに時間がかかる人たちだからです。

初めての人は恥ずかしいから、
心を開くのに時間がかかるから、
わかってもらえるわけがないと思っているから、
プライドが高いから(店の制服がダサいと感じるなど)
人に感じよくすることに価値を置いていないから、

理由は色々あります。

勿論、アセンダントが全てではありません。

そこで、

この人は心底無愛想な人なのか(笑)
アセンダントのせいなのかを見極める必要があります。

つまらない店も、この見極め作業のお蔭で、
一気に楽しい勉強の場に変身します

チェック方法は簡単です。
相手にいくつか質問を投げかけてみるのです。
(ご自分のアセンダントが重い人には、難しいかもしれませんが、これも勉強です)

「アルバイトなの ? もう長く働いているの ? etc. 」
何でもいいのです。
相手が羽織っている氷の鎧を、
溶かすような気持ちで質問するといいでしょう。

その後、オーダーのたびに感じが良くなっているようなら、
間違いなく、アセンダントのせいです。
そしてあなたはガードの固い相手の城門を、
潜り抜けることに成功したのです。

この訓練を重ねると、
いつかあなたの大きな力となるはずです。

さて、

このような試みでも相手が変わらなかったら、
心底感じの悪いヤツとして
初めてここで、ぶっちぎれましょう

2008年4月17日 13:10