人生の全てを有意義にする法

豪華一点主義

小学生の頃、
会いたくないなぁ…と思う人に会わなくてはならない時間、
片付けなさい!と母に叱られ、渋々部屋を片付ける時間、
ふとこんなことを考えていたのを、思い出します。

「私がイヤな時間だと思ってしまうと、
二度と来ないその時間がイヤな時間になってしまう。
そうしない為には、イヤでも楽しいと思えば、
全てを楽しい時間で埋められる」

「楽しいか、イヤかを決めるのは自分の考え方次第」
当たり前とも言える、この考えは
大人になるにつれて強くなっていきました。

そして、どんなイヤな人に会っても、
どんなに行きたくないところに行っても、
豪華一点主義で、何か1つでもいいから輝くものを
持ち帰ろうと決めました。

色々な方法を使っていますが、その一つに、
星の知識を利用するものがあります。

苦手な人でも、星から観察し始めると、
「へえ〜この星の人はこんなこと言っちゃうんだ。」
「ふ〜ん。イヤな人だと思ったけど、お酒飲むと、
ウラ星座が顔をのぞかして可愛くなってる〜」
などと、いつの間にか憂鬱な時間が
学びの時間に変身していました。

どんなに苦手な方であろうと、
気が重い会合であろうと、私のストレスは激減しました。

そして、人と出逢う毎瞬毎瞬が学びであり、
人生全てが有意義と感じられるようになりました。

アストロを学んだ皆さんは、ぜひお試しあれ☆

2007年8月22日 12:10