月別アーカイブ: 2007年2月

年を感じる? 瞬間

六本木を歩いていたときのこと。
滅多に見かけないほど、ハンサムでセクシーなインド人が目の前を通り過ぎていきました。
その瞬間、私はなんと「あっ美味しいインド料理が食べたーい」と思ってしまったのです。
もうちょっと前なら絶対!!「付き合いたーい」と思ったはずなのに。
これってやっぱり年ですか・・・

2007年2月27日 12:10

ホロスコープ シリーズ4/4

アストロリレーションの目指すこと

ホロスコープを解読することは、
その人が持つ資質という食材を生かし、
最高のお料理にするにはどうしたら良いか、を考えることです。

せっかくなら、その人ならではの持ち味を
100%生かしたいと私はいつも思っています。

そのためには、まずひとつひとつの食材の特徴を知っていること。

つまり、12星座それぞれがどんな特徴を持って、何に向いているのか、
その組み合わせが変わるとどんな風に特徴が変化するのか、
それを皆さんにも学んでいただきたいと思います。

占星学は深遠なものではありますが、だから「難しい」
と決め付けるのは、私はあまり好きではありません。

どんな知識も学びやすく提供しなければ、本当の意図は伝わらないと思うのです。

ですからこれからも、アストロリレーションでは、できるだけ日常生活に即して、
皆さんに理解していただける方法を模索していきたいと思います。

2007年2月25日 12:10

ホロスコープ シリーズ3/4

アストロカウンセリング

ホロスコープを解読するということは、
その方の持っていらっしゃる、
食材の種類、量、鮮度、使いやすさなどを吟味して、
どんなお料理がふさわしく、
どうしたら一番美味しく仕上げることができるだろう?
と考えることだと思っています。

トランジット(今現在運行中の天体)によっても、
同じ人参が新鮮な時だったり、
ちょっと古くなってしまったりと変化します。

新鮮な人参のうちは、サラダに適していますが、
ちょっとしなってきたら、煮込み料理にした方が良いかもしれません。
そんな風にタイミングも考えていきます。

トランジット自体は、スパイスであり、火の加減であり、

時には、料理中に火が突然止まってしまったり、
誰かに邪魔されたりなんていうこともあります。(笑)

それらを全て考慮して、持っている食材を一番生かす方法を考えるのが、
アストロカウンセリングなのだと思います。

2007年2月22日 12:10

ホロスコープ シリーズ 2/4

人の力を上手に使って

レシピを考えるようにホロスコープを考えてみます。

例えば、カレーライスを作ろうと思ったとします。

チキンカレーなら、鶏肉、たまねぎ、じゃがいも、人参
にんにく、ルー(ターメリック、塩こしょうなどの香辛料)
など色々な食材が必要ですよね。

でもあなたのホロスコープでは人参ばかり多くて、
他の食材があまりありません。すなわち偏った星座が多かったり
同じエレメントばかり持っているようなケースです。
こんな場合、自分が持っているものだけで頑張ろうとすると、

人参を具にして、人参でルーを作って、
人参ライスの上にかけて・・・

これでは私たちが普段食べているあの「カレー」とは
全く別物になりますよね。しかもあまり美味しそうではありません。

ほとんど人参の人が仮に自分は美味しいカレーになるんだ!
とどんなに思っても、自分のホロスコープの中で、
人参以外の要素がなければ、誰かと組まなければ、
美味しいカレーライスにはなれないということです。

ですから、鶏肉、たまねぎ、ジャガイモ、
それからライスを持つ誰かと組んではじめて
美味しいカレーライスを目指すことができるのです。

自分のないものになろうとしても上手くいかない。

と常々申し上げている意味はこういうことです。
自分がどの要素をどれくらい持っているかによって、
そして誰と一緒に作るのかによっても味も変わり
メニューの種類も増えるのです。

人間同士、お互いの化学反応が作り出す結果が
美味しい料理となる、そんな風に私は捉えています。

2007年2月19日 12:10

ホロスコープ シリーズ 1/4

レシピに喩えると

ホロスコープは、ご存知のように、
生まれた時にその人が授かる「宇宙地図」です。
円の中には、宇宙が表すその人の情報が満載です。

その日その場所その時間で生まれたのはあなただけ。
たとえ双子でも生まれた時間が違うので、
ホロスコープは違うものになります。

そんな唯一無二のホロスコープですが、
お料理のレシピに喩えられるなぁ…と私は思っています。

お料理は、食材が大切です。
一つ一つの食材を知って、
その食材に合った調理の仕方をすることで、
本当に美味しい一皿になりますよね。

食材の栄養素や特徴を活かして、
そのものならではの方法というのがあります。

星座の特徴を勉強するのもこれと同じだと思うのです。

自分の星座がどんな特徴を持つのかを知って、
どう調理すれば、美味しい料理になるのか、
それが占星学の役目だと思っています。

2007年2月16日 12:10

水星逆行

いよいよ明日2/14日の13:39分から水星逆行がスタートします。
そして3/8日の13:45分まで続きます。

コミュニケーション、コンピューターのデーター、
通信全般、契約、交通機関などにいつもより注意を傾け
水星逆行を上手に乗り切りましょう。

さて今回の逆行は魚座と水瓶座で起きます。

ご自分の水星がこの2つの星座にある方は
特に影響を受けやすいと言えます。

また、水星を支配星に持つ、双子座と乙女座の方も
影響を受けやすいでしょう。

コミュニケーションは慎重になさってください。

何事もまず一度心の中でよくまとめてから、発信なさるといいでしょう。

魚座の水星の方は、感情や考えがあちらこちらに飛んで
周囲が理解できないこともあるので(笑)逆行中は特に注意しましょうね。

水瓶座の水星の方は、理論的で冷静な話し方をなさいますが、
逆行中は珍しくご自分の考えがまとまらないかもしれません。
こんなときは無理に理論を通そうとせず、相手の意見に耳を傾けているだけでも
十分かもしれません。


ご自身の水星がお分かりにならない方は、
トップページに誕生日を入力してくださいね。

2007年2月13日 12:10

恋愛セミナー

アーテリジェントのセミナーにご参加くださった皆様、
ありがとうございました。

バレンタインはもうすぐですね。
お伝えした星の知識を、ぜひ使っていただければと思います。
そして幸せを勝ち取ってくださいね。

又お目にかかれるのを楽しみにしております。

2007年2月11日 20:00

バレンタインデー シリーズ2/2

水星逆行を逆手にとって

携帯電話やメールという便利なものがあるお蔭で、
行き違いが少ない現代です。
「渋谷あたりで、6時ごろ」とでもいえば、
電車を降りて携帯で連絡を取り合えば必ず会えますよね。

便利なものを手に入れた代わりに、
ドキドキするようなドラマが失われつつあるような気もします。

そんな時代の今ですが、
ちょっと面白いチャンス到来です。

なんと、今年のバレンタインデーから、
水星逆行が始まります。

ご存知のように、水星はコミュニケーションを司る星です。
「逆行時には、コミュニケーションの行き違いが
多くなるので要注意」と普段はお伝えしています。
要注意日だからこそ、ひょっとするとひょっとして、
今まで考えられなかったような行き違いが起こり、
それが大恋愛につながるかも・・・?

そんな可能性を秘めている今年の2月14日、
ステキな愛の日となりますように・・・♪

2007年2月8日 12:10

バレンタインデー シリーズ1/2

不便さが生むドラマ

ひと昔前の恋愛小説や恋愛映画などを見ると、
「あぁ…なぜ?なぜあと10分待っていなかったの?
そうすれば逢えたのに〜!!」と見ている人がもどかしくなる
場面がたくさんありました。

障害があればあるほど燃え上がる二人の想い…
そんなドラマがありました。

不便さが余韻をつくり、行間を満たす時代でした。

今のようにメールや携帯電話がない時代は、
待ち合わせ場所や時間を間違えたら
それこそ大事件です。

もしも相手が時間になっても現れないと
「あれ、新宿の東口じゃなかったのかしら? 西口? でも移動しているうちに
すれ違ったら困るし、、それとも2時じゃなくって3時って言ったのかしら・・・」
などと相手と会えるまで、ドキドキ、ハラハラしたのを覚えています。

万が一会えないと、一旦家に戻ってひたすら相手の連絡を待つしかなかったのです。
トイレにも行けず、電話の前で座っていたこともありました(笑)

そう、恋愛には行き違いがつきものでした。

2007年2月5日 12:10

バレンタインのメッセージ

カードに一言添えて

バレンタインのプレゼントに添える一言で
悩んだ方も多いのではないでしょうか。

小学館FanetのLove Loboratoryに
「ターゲット星座別 バレンタインメッセージ」を書かせていただきました。

今回は太陽星座を中心に書いてあります。
星の知識に詳しい方は、彼の月や水星も考慮に入れて書かれると
さらに心を動かすメッセージになることでしょう。

ぜひお試しくださいね。

バレンタイのメッセージ

2007年2月1日 14:30