長年、12星座のストーリーを書きたいと考えていました。
そしていつかはそれをドラマにしたいという夢もあります。
1つのストーリーの中に必ず12星座が出てきます。
毎回主役は男性です。そしてその男性に必ず二人の異なる星座の女性が関係してきます。
残りの9星座は主役たち3人の友達などで登場します。
人間は複雑なので、同じ太陽星座を持っていても、性格的にはかなり違ってきます。
でもそれをあえて単純化し、登場人物はその星座を強く持っているという前提で、ストーリーを進めています。
例えば今回の主役「石和直樹」は双子座ですが、太陽や他の惑星にも双子座をたくさん持っている人物として描いています。
そして双子座のコアな部分を強調して書きました。その星座の特徴を知っていただきたいと思ったからです。
第1回の双子座ストーリーでは双子座の男性「石和直樹」に蟹座の女性「青木ゆき」と牡羊座の女性「小山節子」が係わってきます。
それぞれの星座が大切にしていることを汲み取っていただければと思います。
実はこのストーリーは私が30才になった頃に書きました。
時代的な背景で不自然な点を直し、今回発表することにしました。
皆さんに楽しんでいただけたら、私もとても嬉しいです。そして星座の特徴を理解する一助になればと願います。

登場人物
第一話「出会い」
第二話「ゆきと」
第三話「彼女達の近況報告(ゆき)」
第四話「節子との再会」
第五話「彼女達の近況報告(節子)」
第六話「直樹と節子 一夜」
第七話「彼らの近況報告(直樹)」
第八話「ロスへの出発前 ゆきと」
第九話「直樹と節子 ロスで」
第十話「ずれ始めた歯車」
第十一話「孝司の告白」
第十二話「ゆきとの別れ」
最終話「それぞれの選択」